• お問い合わせ
  • クリオンデザイン室トップページ
  • クリオンデザイン室業務内容
  • 制作の流れ
  • 制作事例
  • 料金案内
  • 管理・更新
  • クリオンデザイン室プロフィール
  • FAQ

伝えるために『フォント』を選ぶ

  • HOME  | 伝わるプレゼン資料づくりの公式  | 伝えるために『フォント』を選ぶ
  • 伝えるために『フォント』を選ぶ

    プレゼン資料に最適なフォントとは?
    また、なぜフォントを選択しておくのか?その理由は意外なところにあります。

    ※Windowsに標準インストールされているフォントを使用した場合

    『フォントとは字体と大きさの組み合わせを指します。』

    作成スタート時から最適なフォントを選択しておく

    PowerPiont(以下パワポ。OSはWindows)で資料を作り始めると、フォントの初期設定はたいていMS(P)ゴシック系になっています。そして、多くの方がこの設定のまま資料作りを進めてしまうのではないかと思います。しかし、プレゼン資料に視認性の良いゴシック系のフォントは最適ですが、MS(P)ゴシックは、画面で表示した際にやや視認性に欠け、少々貧弱な印象を与えてしまうのにお気づきだと思います。つまり使用するフォントとしてベストな選択ではありません。
    では、どんなフォントを選択すれば良いのでしょうか?

    プレゼン内容にもよりますが、Windows Vistaから標準でインストールされているフォントに「メイリオ」があります。XPでもインストールすれば使用が可能で、このメイリオは軽快な印象で視認性も良い万能選手です。
    そして、骨太で誠実な印象を与える「HGP創英角ゴシックUB」もおすすめです。

    同じ言葉でも使用するフォントでだいぶ印象が違います。
    tips1_1

    ※最下部に本ページで使用したパワポ原稿のリンクがあります。

    「メイリオ」

    メイリオは、Windowsで表示されるフォントのうち、唯一、文字のギザギザもなくアウトラインが綺麗で見やすいフォントです。文字間も調整する必要がありません。

    「HGP創英角ゴシックUB」

    HGP創英角ゴシックUBはプレゼン映えし、企業の標準に指定されることが多いフォントです。こちらもアウトラインが綺麗で見やすいフォントです。
    多少字間の調整をした方がより見やすくなります。【文字間の調整】1.1pt位が◎。

    ※同じ系列のHGS創英角ゴシックUBは標準の文字間隔が広すぎでタイトル以外には少し使いずらいフォントです。

    実際には、タイトルは「創英角ゴシック」、本文には「メイリオ」など、ウェイトを考慮しながら数種をミックスして使用します。

    「メイリオ」の例

    tips1_2

    「HGP創英角ゴシックUB」の例

    tips1_3

    「ミックス」の例

    メリハリがつきバランスがとりやすい。
    tips1_4

    あと、細かいことですが箇条書きの◎は図形で作ります。
    こうした図形を使ったTipsも追々掲載いたします。

    頭の中にある考え(こうしたい)を最終形に近づけるために

    プレゼン資料を制作していく時、ストーリーを予め決めておいてパワポで仕上げるという人よりも、パワポを構想段階から使い、頭に浮かんだ言葉を打ち込み、考えながら仕上げていく人の方が圧倒的に多いと思います。この方法は間違いではありませんが、漠然と打ち込んでいくのをやめ、

    常に最終形をイメージできる環境で草案作成を進めることが、スピーディーで効率よく「伝わる」プレゼンを作るコツになります。

    頭の中を整理して文字を打ち込み、それと同時にその言葉(文面)の表示サイズをある程度決めながら進めていくことが大切です。言葉の重要度に応じた、つまり、強調度合に応じたふさわしい大きさにしていくわけです。だからこそ、初めから使用フォント(※フォントとは字体と大きさの組み合わせを指します。)を決めておくのです。
    そうすることでページ内に配置できる文字数に見当がつき、「1ページに盛り込み過ぎ」という失敗も少なくなります。また、長すぎる文章は、必然的に文字が小さくなり、見る側の印象に残りません。そこで、「伝えたいことを変えずにどう短く表現できるか?」と考えることにも繋がり、言葉を吟味するセンスも自然と養うことができます。

    構想段階から使用フォントを決めておく必要性がご理解いただけたでしょうか?
    ※ストーリー(全体の流れ)を立てるコツについては別の機会で書いてみます。

    本記事内で使用したパワポ原稿のダウンロードはこちらから
    クリオンデザイン室
    ページトップ プロフィール 制作の流れ 制作事例 業務内容 料金案内 FAQ お問い合わせ 個人情報保護方針