• お問い合わせ
  • クリオンデザイン室トップページ
  • クリオンデザイン室業務内容
  • 制作の流れ
  • 制作事例
  • 料金案内
  • 管理・更新
  • クリオンデザイン室プロフィール
  • FAQ

進化し続ける社内報づくりのために

  • HOME  | パワーを生み出す社内報づくりの秘訣  | 進化し続ける社内報づくりのために
  • 進化し続ける社内報づくりのために

    世の中は変わりました。今もどんどん変わっています。こんな一寸先も見えない時代に、年間で企画を決めて、半ば機械的に号数だけ重ねる社内報。毎月決まったコラム、既知の情報を少し詳しくしただけのトピックス。特集記事は年間を通じていつでも行える安全な企画。そんな社内報をたくさん見かけます。
    数十年も前から変わらぬやり方で、社員(読者)は「何か」を感じるのでしょうか?

    「社内報担当者」+「制作会社」が組んで毎月発行。これが通常一番多いパターンです。
    企業の広報担当は期日までに記事(データ)を集め、文章を読みやすく編集し、取材での撮影やインタビューの書き起こしもあり結構大変です。
    一方、制作会社は指定日時までに効率良く誌面を構成し(毎月ある程度決まった文字数の)データを流し込み、校正段階まで進めます。
    それを企業側の担当者が校正し、そしても今月も最終入稿まで無事完了。
    気づけばそんな毎月の繰り返しになっていませんか?

    結局、社内報の行きつく先は平凡かつ誰にも非難されることもないマンネリ化です。

    マンネリ化し、出せばいいだけの社内報ならコスト削減提案(間違った使い方です)の大義名分のもとにやめてしまいましょう!
    そうすればもっとましな仕事に貴重な時間を使うことができます。

    でも、問題意識を持ち、社内報の在り方を進化させながら、
    たった一人でも本気で孤軍奮闘している・してみたい方のために。

    ただ今コンテンツ準備中です。お待ち頂けるとうれしいです。

    クリオンデザイン室
    ページトップ プロフィール 制作の流れ 制作事例 業務内容 料金案内 FAQ お問い合わせ 個人情報保護方針